人気企画『MOT起業塾』お久しぶり第6回は、11月17日開催!

 MOT倶楽部による人気企画『MOT起業塾』の第6回が11/17(土)に開催されます。

 今回は、「TATAMIをプロデュース」というテーマで、起業アイディアを募ります。

平安時代を起源とする日本の伝統産業「畳」がピンチを迎えています。

 

今回の起業塾は、多くの経営課題を抱えながら個人で畳店を営むS氏に登壇いただき、日工大のSMEスピリットを存分に発揮して新たな「TATAMIビジネス」のアイデアを考えます!

 

そして今回も、終了後は楽しい飲み会で
 Good Communication!

 

 


続きを読む 0 コメント

ビジネスフェア×3に、出展します!

より多くの方に、NIT MOTを知ってもらおう!

を、コンセプトに、下記、3回のビジネスフェアに出展することにしました。

■2018/11/6 西武信用金庫様主催 於)東京ドームシティ プリズムホール

 

■2018/11/14 東京商工会議所千代田支部会様主催 於)ホテルグランドパレス

 

■2018/11/21 埼玉県大学連携研究会様主催 於)新都心ビジネス交流プラザ

 

3週連続です。(^^;

日工大はもちろん、MOTを知らない人にもアピールできるよう、シンプルで力強いキャッチコピーにしました。

 

続きを読む

高度専門職第一号ロとは?

 先日、入学ご検討者の方への支援業務の一環として、外国籍の方からの種々のご質問にお応えしておりました。

 

その中で、本学で修得できるMOTという学位は、「経営・管理に関する専門職学位」に相当しますか?

というものがありました。

 

即答できなかったので、その場で調べてみたのですが、どうやら、法務省 入国管理局が規定する「高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度」という制度があり、MOTという専門職学位は、高度人材の認定要素の一つである、学歴ポイントの配点が博士に次いで2番目高いのだということが分かりました。

外国籍の方から見た同制度における優遇措置は色々あるのですが、今回のご質問者の方が大きなメリットとしてとらえておられるのは、永住権の獲得が比較的容易になる点でした。

 

少子高齢化や財政難をはじめ、色々な課題があるわが国ですが、国外の比較的高度なビジネス能力を有する方から見れば、魅力も多々ある暮らしやすい良い国のようです。

 

続きを読む

chika-ba(近場?地下場?)探訪記

本学(専門職大学院)のオフィシャルサイトでは、修了生の活躍を紹介するコンテンツを定期的にお届けしています。
 

・Now 日本工業大学MOT

 

今回は、その中のMovieシリーズ、『3分でわかる経営革新事例の次回作として掲載予定の13期修了生西川さん主宰の、シェア工房での撮影現場をお訪ねしてきました。

chika-baは、JR南武線、谷保駅から至近の地下にある、大人の秘密基地のような、ワクワクが詰まった素敵な施設でした。

 

 

オフィシャルサイトは、コチラ

 

続きを読む

土曜メシ:立ち食いで十割蕎麦?

腹が減っては戦が出来ぬ。これは然り。

人間、お食事は大切です。

 

しかし、MOTを学ぶ者は常人の3倍は忙しい。。

仕事を圧縮し効率を上げ、院生として学修の時を捻出し、さらには自分の時間、そしてもちろん家族との時間も確保しなければならないのだ。

だが、学修は得てして思い通りには進捗しない。。

 

失礼、余談が過ぎました。(^^;

 

忙しい学修の合間、空いた時間にサクッと済ませれられるファスト・フードの類は、忙しい院生の味方です。

そして、出来れば消化が良く、ヘルシーなものが食後の学修にも宜しいかと。

ということで、今回はB級グルメ、立ち食いそば界のNew Waveな、『十割蕎麦 冷や麦 嵯峨谷(神保町店)』をのぞいてみました。

十割蕎麦なのに、立ち食い価格。いかにその安さを実現しているのか、興味アリ。

 

続きを読む

14期生、35名の『MOTに挑む1年』がはじまりました。

今年度は、中小企業診断士コースが新設され、専門職大学院にとっても新たな試み挑戦するになります

 

14期生の皆さんとともに、大学院運営スタッフも気持ちを新たに新年度を迎えることになりました。

続きを読む

日本工業大学(工学部・MOT)の金融機関職員向け研修が日刊工業新聞・日本経済新聞等で紹介される

 日本工大で本年度から取り組んでいる『金融機関向けモノづくり研修プログラム』が、日刊工業新聞・日本経済新聞等に紹介されました。

 金融機関の職員、特に取引先企業と直接触れ合う支店営業職員の方々は文系出身が大半です。そういった方々に、製造業の現場の考え方や、機械の名称・用途・活用方法などを教えることで、金融機関の製造業に対する理解を深めていただき、ひいては製造業への投融資の活性化、地域活性化に繋げていきたいというプロジェクトです。

 趣旨に賛同いただいた埼玉縣信用金庫・川口信用金庫の皆様に参加いただき、10/11・18の2回に研修を実施しています。


続きを読む

人気企画『MOT起業塾』第4回は10/21 オープンキャンパスに合わせて開催

 MOT倶楽部による人気企画『MOT起業塾』の第4回が10/21(土)に開催されます。

 第3回(前回)は2017年7月1日(土)に開催し、「MOT倶楽部版マネーの虎」と題して、修了生のビジネスプランを参加者全員で査定し、資金調達のポイントについて学びました。
 今回は、「ビジネスプラン演習」をおこないます。決められたテーマと条件下で、リアルなビジネスプランの策定を演習します。

 同日は来期入学制に向けてのオープンキャンパスも開催しておりますので、入学検討の皆様の飛び入り参加も大歓迎です。


続きを読む

第三回 MOT社長会が開催されました

 8月26日に「突然の経済危機にどのように対処したか?今思えば、それで良かったか?」をテーマに、第三回MOT社長会が開催されました。

 この回の感想を11期生の中村様から寄稿いただきましたので、紹介します。


続きを読む

金型業界の認定制度『金型マスター』 日本工大MOTが協力 『何故、今、人材育成が必要か?』をキーマンに聞く

 本年(平成29年)より、一般社団法人 日本金型工業会による、人材認定制度『金型マスター』が始まります。

 この認定制度は、『リーダーシップを発揮して生産現場を統率し、成果を生み出す力を持つ人材』の育成を行い、金型業界の次世代リーダー像を明確にすることを目的としています。

 日本工大MOTではこの趣旨に賛同し、技術経営(MOT)の講義に小田・浪江・萬代・清水教授が協力しています。

 業界団体が、『技術+経営マネジメントが理解できる人材を育成・認定する』制度は珍しいものです。『何故、今、金型業界で人材育成が必要か?』を金型工業会における本制度の仕掛人の一人でもある、小出 悟副会長(株式会社小出製作所)に伺いました。


続きを読む